中古カメラ買取の知識一覧

中古カメラ買取3つの方法

中古カメラを店舗に買取してもらう方法には、宅配買取、店頭買取、出張買取があります。宅配買取は、家にいながらにして完了し、スタッフと接触しません。店頭買取は、店舗に自分で商品を持って行って売る方法で、その場で現金払いなので、急な換金の場合にはよい方法です。出張買取は、買取店のスタッフに自宅に来てもらって買取をする方法で、その場の追加査定が可能で、大きいもの・重いもの・大量のものでも持って行ってくれるので安心です。あたなの都合に合った方法で頼みましょう。

カメラを高く売るためのコツ

中古カメラの買取価格は、メーカー、機種、発売年代、保存状態などで決まるそうです。査定に出す前には傷やへこみをチェックして、レンズは埃が付かないようにできるだけきれいに保管しておきましょう。レンズや付属品をつけて、なるべく複数の品を売ると、査定額のアップにつながるようです。

カメラ買取価格の相場

カメラの買取価格の相場は、中古市場に最も多く出回るのがデジタル一眼レフですが、よほどの高級機か限定モデルかでない限り、購入から3年ほどで価値は急降下してしまうそうです。フィルムカメラ(銀塩カメラ)については、品物によってかなりの幅があり、全く価格のつかないものから状態が良ければ2桁万円という物まであるようです。レンズは、たとえ古くても問題なく使用できるものが多いため、カメラ本体よりも価値が下がりくく、定価の30~50%で売れる場合もあるようです。

買取対象機種の例

カメラ買取店による買取対象機種の例です。詳しくは公式サイトから問合せてくださいね。しっかり確認しないと、もしかしたらお宝かもしれないあなたのカメラを、売り逃してしまうかもしれません!

どんなフィルムカメラ(銀塩カメラ)が売れるのか

カメラすっかり見かけなくなったフィルムカメラ(銀塩カメラ)ですが、各有力メーカーとも製造はしていて、まだまだ需要があるようです。プロのカメラマンもデジタル一眼を使っていながら、同時にフィルムカメラも使っているケースもあるようなので、フィルムカメラがなくなることはなさそうです。買取店の中には、フィルムカメラ(銀塩カメラ)でもライカなど価値のあるものは高額で買い取るところもあるようです。

どんなカメラ周辺機器が売れるのか

カメラ買取り市場では、レンズや三脚などの周辺機器も、それなりに買取りしてくれるようです。レンズについては価値はそれほど落ちないようです。レンズについては、価値はそれほど落ちないようで、特に古いレンズはマニアの間ではオールドレンズと呼ばれていて、高価で買取りされることもあるようです。ネットオークションでどれ程度で落札されているのかも、買取に出す前の参考になりそうです。