どんなフィルムカメラ(銀塩カメラ)が売れるのか

フィルムカメラの現状は?

フィルムカメラ(銀塩カメラ)を見かけなくなって久しいですが、フィルムカメラの現状はどうなっているのでしょうか。

各有力メーカーともフィルムカメラは製造しています。まだまだ需要があるということのようです。時代が変わっても、フィルムカメラをこよなく愛する人がいて、実際にメディアに取り上げられることも多いので、フィルムカメラが廃れるということはないと言われています。

フィルムカメラのほうが芸術性が高いと言うカメラマンも多いようです。

フィルムカメラは一定の人気がある

いつの時代でも、フィルムカメラは一定の人気があるようです。

プロのカメラマンもデジタル一眼を使っていますが、同時にフィルムカメラも使っているというのですから、まだまだフィルムカメラがなくなることはなさそうです。

フィルムカメラは買取り幅が大きい

フィルムカメラは機種によって買取り額の幅が大きいようです。

フィルムカメラでもさらに年代物のカメラは、文字通り時代を超えて人気があり、数十万円あるいは数百万円の値が付くこともあるようです。

カメラと言えばライカという名前が出てくるくらい、ライカは高級カメラブランドの代名詞です。ライカのフィルムカメラんばら、もともとが高価なため、高額買取り金額が期待できるようです。

逆にもともと、安価で売られていた量産型のフィルムカメラなら、買取額もそれなりの安価になるようです。